++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
最近のトラブル事故に関して絡む管理会社

パロマ事件、シンドラーエレベータ、渋谷の温泉施設のメタンガス爆発、他にもあった気がしましたが
そこに出てくる管理会社の存在、このような場面で出てくる管理会社
それぞれ、業種によってその状況が違いますが、これら会社が絡み合って責任逃れの材料になっている感じがします。
すると、これらは万が一の為の会社側の為の安全対策「責任の所在をあいまいにして逃げる為のと思ってしまう」

特に怖い部分では、渋谷の温泉施設の管理会社の下請け管理会社
その上、この悲しい部分は、出来ていて当然な安全面の管理をする法律がなかった部分、経営会社の根本の安全の意識やその部分を管理会社任せにしていた部分、これを考えると本当に怖い部分ですよね

それと、いいのか悪いのかはわかりませんが
社長とか代表者がもてはやされる社会にしてしまった部分

でも適材適所という備えた能力というものがある
管理する能力、利益を上げる能力、商品やサービスなど喜んでもらう企画の能力、色々人それぞれの能力がある、でもその飛びぬけた能力が認められる事で社長としてそれら、全ての能力を要求され、これらでは、本来伸びるはずの能力も止まってしまうのではないかと考える

それらにより、最悪トラブルや事故が発生するのではないだろうか
そのような流れの社会にしてしまったのだから仕方がないのかもしれない

何かいくつかのトラブルの中に、適材の人間がやっていなかった為、じゃないかと思う部分を感じている。結局これでは不幸せでもあり、利益の為にもなっていない気がしますね
2007年06月23日(土)  No.15 (疑問疑惑回避情報::▲危険な環境)

No. PASS
<< 2007年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81