++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
格差社会高レベル廃棄処分場候補地求む

責任政権をかかげて選挙結果、どのような責任の取り方を考えているのだろうか
一刻も早く、解散選挙が待たれる。どうせこの間にも無駄な公金が使われまくっているのだから選挙に使ったほうが将来の為だという意見がある
自民党の敗北の原因は、強力になっている良くない、しがらみから来るつながりをそのままにして進めた結果、国民にはそれらが見えていた事ではないか
不正な税金や公金の使われ方、それを放置して、それを補う為に、経済の活性化をする事でごまかそうとした事
これ等はザル法、年金の資金の流用を、グリーンピアから別な方法に変えただけ、まったく意味がない何か手を組んでいるのかと疑いたくなる
そして、考えられないような予算が使われて成り立っている天下り、これについても、ザル法の疑いた疑惑
湯水のようにおかしな金が使われて、不正競争になっている社会で経済が発達してくる論理がすでにおかしい。これでは、経済や社会を崩壊させてしまう
さらに、これらから、外れた人員を、憲法9条の改正で使おうとした事も見え見え、大臣たちの失言から交渉能力の低下を、それを、銃を突きつけて世界との交渉をしようとしているのか?これでは、二大政党制が出来る前に、崩壊するだろう
このような状態で、社会が良くなるほど甘くはない。デメリットの方が多いだろう。それをこんな結果になっても続けようとするしたたかさにはあきれる

そこで、この
小泉内閣路線の安部内閣、格差社会高レベル廃棄処分場候補地求む
核廃棄物の場合は、原子力発電所の数々のいい加減な対応関係から、放射能汚染の不安や恐怖がありますが、安部内閣の場合は、同等に怖い高レベルの小泉政権を引き継いだ格差社会汚染が大変心配されると思われます。
地方になると条例ですが、ザル法条例の感染も心配されますが、その反面、不正業種のザル法効果の歓迎が予想されその地域に入ってくる可能性が、予想でき、その関係の経済活性化のメリットが考えられます。地方財政が破綻寸前な地域のバクチ的な発想の回復には良いかもしれませんが、破綻か回復かのどちらかの結果になるでしょう・その地域に、健全な優良企業がある場合はお勧めできません
不正競争で、優良企業が衰退するか、それら企業は、他に地域に、行ってしまう可能性と、その反対に、安部内閣支援企業に入れ替わり、確実に格差社会の汚染が始まると思われますが、これだけの民主主義を無視した政治をしてもこれだけの票を集める力は、油断ができません。評価すべき部分かもしれません。その点、問題を抱えた地域で、チャレンジする価値はあるかもしれません
まあ日本全体がこのように成っては、大変ですが、もう破れかぶれの状態ならば面白い選択かもしれません

専門家の中には、責任政党と名乗って続ける以上、このグレー部分の安部内閣を解体地方化して、宮崎にその制度で、派遣会社から、派遣する方法で、東国原知事と勝負してもらうのも方法だと言っている方もいました
ある面、海外で、日本で一番偉い政治家はという名前の挙がった東国原知事、その検証ができる政治を面白く活性化すると言う考案では、新たなチャレンジではないだろうか?結局、それを支えるのは、そこの国民である事を実感させるいい勝負になるのではないだろうか

唯一、この毒物を無害化できる地域ではないだろうか
東京都ではどうやら無理みたいですね
2007年07月30日(月)  No.95 (更新&情報::▲別、案内)

No. PASS
<< 2007年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81