++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
国民生活センター縮小?

国民生活センター縮小?ここだけは、どれだけ犯罪に対抗してきたか?やはり最終手段に、まともな所を解散させる事で詐欺の原動力を維持しようと思っているのか
冗談で言っていた格差社会は、実は計画的だったのかもしれない
独裁政権にする為に・・・政治家に後ろめたい事が本当にあるのだろうか
民間になったら金の力で抑止力は、なくなって当然だよな
その内に、警察も民営化、ジャパニース、オムニ社計画は、噂ではない情報なのか?ロボコップ作っていたりして、死体から・・・


読売新聞さん記事より
国民生活センター縮小へ、商品テストも外部委託…内閣府
 国民生活センターの今後の役割について、内閣府の私的懇談会「国民生活センターの在り方等に関する検討会」(座長・野村豊弘学習院大教授)は26日、最終報告をまとめた。

 これを受け内閣府は、早ければ2008年にも関係法の改正案を国会に提出する考えだ。

 裁判以外の方法で消費者トラブルや民事紛争を解決する「裁判外紛争解決手続き(ADR)機関」としての役割を持たせる一方、消費者から直接相談を受ける現行制度の廃止を検討し、製品の安全性を調べる商品テストを大幅に外部委託するとした。同センターの業務縮小には、消費者団体などから反対の声も出ており、今後、波紋を呼びそうだ。

 最終報告によると、同センターにADRの手法を導入し紛争解決機能を強化するため、消費生活専門相談員などによる委員会を設置。事業者の出頭や事件に関する文書の提出を求めることができるようにする。

 直接相談の廃止を検討するのは、全国各地の消費生活センターで受け付けている相談と差がなく、重複しているためという。国民生活センターが2006年度に直接受け付けた相談件数は約4100件だった。

 また、製品事故の原因究明や安全性を調べる商品テストを大幅に外部委託化することにした。外部の検査機関などとの連携による商品テストの効率化などが狙い。委託先となる検査機関は、独立行政法人の製品評価技術基盤機構(NITE)や、産業技術総合研究所などが候補に挙がっている。

 全国消費者団体連絡会の神田敏子事務局長は「現在の国民生活センターの改革は、独立行政法人の整理合理化の一環として行われている。だが消費者トラブルや製品事故は多発しており、センターの業務縮小には反対だ」と話している。

(2007年9月27日9時7分 読売新聞)


という記事でしたが
全ての行政法人が消えても、唯一国民消費者センターだけは、必要でしょう
これらを一番嫌う存在は、詐欺集団!という事は、詐欺集団と癒着があるのか?
製品で行くと、PSE法の安全面に何の役割もしない。消費者いじめの法律の次の手段、癒着している企業はどこなんだ?
2007年09月28日(金)  No.355 (疑問疑惑回避情報::▲不振な採決決定)

No. PASS
<< 2007年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81