++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
詐欺が減らないカラクリと対策

例えば、詐欺の被害額の大半が50万円から100万円ぐらいが大半をしめる、そこへ悪徳有名ローン会社が手を貸して借金をさせる
これが多くの定番の詐欺のカラクリの金額
もし騙されたとして、金返せといっても返すわけの無い団体が詐欺団の特徴
すると、法的な対応、警察、しかし地域なのか?その時期「改革路線政治時代」の社会環境なのか?親権には動かない又は詐欺として犯罪とするつもりのない警官などいましたね!求人誌で確認すると詐欺の破綻ビジネスネット前はこのような状態だったようですが
そこで出てくる法律の専門家!弁護士!しかし、相談するだけでお金が発生したり、対応してもらうと被害額もしくはそれ以上になり、取り返したとしても赤字!ただ正義感だけでは、当然!動けるものではありません。生活も収入の確保もあります
すると、泣き寝入りになってしまい結局問題の詐欺団はバブル繁栄をした、
対策として
被害者が集まり、集団で訴訟にして弁護料金を節約するという手段がとらる

特に小泉政治あたりから、バブル繁栄を感じる
詐欺団もそれを判っているようで、グループで詐欺の疑惑のデパート会社グループが存在して勢力を上げてきたようです
小泉政治路線にしてみたらいわゆる影の勝ち組の存在と想像してしまう。こうなるとまともな勝ち組は、どのくらいになるのか?経済成長の数字に悪徳金融ローン会社が絡む事で詐欺の数字がどのくらいなのか?

そして最も気になるこの詐欺のニュース
海外にどれくらいの被害額が流れているのか?これで日本国内の経済が良くなるという政治家の能力が疑わしく感じる


asahi.comさん記事より
エビ投資詐欺容疑事件で被害弁護団結成
2007年11月26日22時14分

 「フィリピンでのエビ養殖事業に出資すれば1年で倍になる」とうたって約4万人から約600億円を集めたとされる投資会社「ワールドオーシャンファーム」による詐欺容疑事件で、都内の弁護士約20人が被害対策弁護団(団長・栗原浩弁護士)を結成し、26日、記者会見を開いた。

 全国の会員への説明会は12月1日午後6時、同月15日午後6時半の2回、東京都霞が関の弁護士会館2階講堂クレオで開く。29日午後に窓口(03・5511・4230)を設置。平日の午前10時〜午後4時に問い合わせを受け付ける。


という記事でしたが
法律の専門家!弁護士の方々が、この悪徳ローン会社の問題を追及しているようですが、いまだに、これら関係者は何故か不思議と処罰されない
格差社会の深刻な部分は、これら部分にもあると思われる。悪徳商法と悪徳有名なローン会社「大企業」です
こうなると改革路線という政治家たちは疑惑ばかり感じますよね
防衛省の接待疑惑で国民は三ツ星級の疑惑を感じているのに、偽堀江メールのような終結方法を試みる気配
膨大な税金の無駄使いをこのようにして、増税の考えを臭わす。冗談じゃないで不正な事に使うお金を貢ぐ気は無いよ国民は・・・
何故、三ツ星級な疑惑の接待で、高級な三ツ星レストランの食事代を国民が払う義務があるんだ
今後も、このような場所で食事して報酬を得るつもりがあるからこれら疑惑を隠すのだろうと思ってしまう!犯罪政治家疑惑なんですがそれら疑惑があっても平気な方なのでしょうか?疑惑が晴らさせなければそう思って当然ですよね
こうなると詐欺団よりその上を行く悪人が国営レベルでいるということになってしまう恥じるべきと思わないのかな?
2007年11月27日(火)  No.529 (詐欺事件回避::▲投資系詐欺)

No. PASS
<< 2007年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81