++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
皆さん福岡市を通行する場合!危険地域!注意!

皆さん、福岡市を通行する場合は、命を奪われても、その命の保障はされないようです。日本の法治国家崩壊代表地域!命は自己責任ですよ!充分注意しましょうね!死にたく無い方は、福岡市は通行しない事が正解のようです
つまり
飲酒運転で事故を起こしても、3分の1以下で済む!当時、市職員先頭に立ってそれを証明しています。飲酒運転奨励地域のようです
車が走行できないくらい大破して、それでもあて逃げするような卑劣な事をしても、正常に運転できると裁判所は、判断してくれるようです
まるで、飲酒ドライバー天国地域のようですね
つまり、証拠隠滅に成功したら、本来は死刑にも当たるようなひどい話が軽い罪で済む地域のようです
他の地域では、殺人と判断されて、死刑になるかもしれませんよ!絶対に他の地域ではやめましょうね!飲酒運転は・・・
本来人間だったら、福岡市内でもこんな事はしてはいけません
ここまでは、あくまでも私自身が受けた裁判に関する印象です


産経新聞さん記事より
福岡飲酒事故判決 「3つの命」軽い量刑 遺影抱き遺族傍聴
1月8日16時24分配信 産経新聞


 博多の海に、幼い3つの命が沈んだ夏の夜から1年4カ月余り。加害者の元福岡市職員、今林大(ふとし)被告(23)に8日、言い渡された判決は懲役7年6月だった。裁判所の指揮で訴因が変更されるなど公判は異例の展開をたどり、遺族や検察側が求めた最高刑の懲役25年とは懸け離れた量刑だった。飲酒運転の厳罰化が叫ばれる一方で、立証の難しさがあらためて浮き彫りになった危険運転罪。判決は新たな課題を社会に示した。

 「胸がいっぱいで(感想は)うまく言えません」。3児の父親、大上哲央(あきお)さん(34)は判決後の記者会見で言葉を詰まらせた。「結論は裁判所に委ねようと思ってきたので、受け入れようと思ってます」。自らに言い聞かせるような口調だった。

 この日は妻のかおりさん(31)とともに、3児がほほ笑む遺影を抱いて傍聴。かおりさんは「奪った命がどんなものだったのか、被告に分かってほしかった」。だが、望んでいた危険運転罪の適用は見送られ、険しい表情を崩さなかった。

 判決理由で裁判長が「3児は両親から最大限の愛情を注がれ、宝物のように育てられた幸せな日々を送っていた」と暮らしぶりに触れた時、かおりさんの涙があふれた。

 かおりさんは「与えうる中での最高刑(が言い渡された)という点に、裁判所の配慮を感じた。3人には『あなたたちの価値が軽いと扱われたわけではないんだよ』と伝えたい」と話した。

 昨年9月、第4子となる愛子ちゃんが誕生し、少しだけ2人に笑顔が戻ったが、自宅玄関には、今も長男、紘彬(ひろあき)ちゃん=当時(4)、二男、倫彬(ともあき)ちゃん=同(3)、長女、紗彬(さあや)ちゃん=同(1)=の靴が3足並ぶ。昨年のクリスマスには、生前と同じようにプレゼントの絵本を1冊ずつ用意したという。

 一方、この日の法廷で終始、神妙な表情を見せていた今林被告。裁判長が「懲役7年6月に処する」と短く主文を告げると、黒いスーツ姿で背筋を伸ばしたまま動かず、しきりにまばたきを繰り返した。

 入廷して着席する直前、傍聴席に向かって5秒ほど頭を下げた。3児の笑顔の遺影や大上さん夫妻には、目を合わせなかった。判決理由を聞きながら、時折ハンカチで口を押さえ、鼻水をすすった。


 昨年6月の初公判以降、今林被告は謝罪や後悔の言葉を何度も口にした。弁護人によると、第2回公判後に保釈されてからも、ほとんど外出はせず、写経をしたり、月命日に家族で事故現場にお参りしたりしてきた。一方で危険運転罪については「すごく酔っていたわけではない」と、かたくなに否定し続けた。

 閉廷前に裁判長が再度主文を繰り返し「これから、一生をかけて償ってほしい」と語りかけると、今林被告は無言でゆっくりうなずいた。

 判決が言い渡された時、福岡市の吉田宏市長は市役所で定例記者会見中だった。「量刑の軽重についてコメントは控えるが(事故当時現役の)市職員が実刑判決を受けたのは遺憾。あらためて飲酒運転のない世の中を目指し、率先して取り組んでいきたい」と厳しい表情で口元を引き締めた。


という記事でしたが
こうなると、別の面から想像したくなってしまう
新しい法律の「危険運転罪」がザル法を証明した部分かも知れない。これではあまりにもおかしいだろう?
これを商品と考えると回収して、これを作成した人間が責任をとらされるのが普通だろう!社会不安を招いた事は重大!その道のプロの責任問題
別の面から見ると
この法律がザル法や悪法の場合で、考えられるのが、同じ要素として、利害関係!リサイクル妨害法と言われるPSE法!・・・どの関係者が得するのか
飲酒で事故が起きる。すると車が破損して再購入をする。自動車会社?
最近国内の販売台数が減ったとニュースがあった。しかし、車を持てるほど余裕が無い方が大規模に増大したから無駄なのに?
飲酒規制で車を走らせる機会が減る。そして、燃料消費が減る。燃料業界?
このように考えてしまう。これだけひどくて無関係ならこれら業界からも騒ぎ出すんじゃないかな!これだけひどいと?
役所関係者?そうか?この事故の場合!橋の欄干の強度が異常に低かった?死人に口なし?この市役所犯人これを知っていて知識があり皆殺しを狙っていたのでは、だから、事故を起こして川に車ごと放り込んで放置して逃げようとしたのか
この犯人、殺人罪で、罪は問えないのかな?人殺しだよな
だって異常だよなこの判決の理由
「正常に運転できないほどの状態ではなかった」という言葉
ならば何故事故を起こした。相手の車を川に放り込むようなひどい事故を「正常に運転できて運悪く事故を起こすなら、接触事故ぐらいだろう」
更に気がつかなくて逃げようとする?普通ならどのような事故か確認して川に相手の車が飛び込んでいる確認がされるだろう
まったく不思議だ!私自身はこう思う?皆さんこれ、正常な処罰だと思いますか?不思議!将来がまだ沢山ある幼い子供が3人も犠牲になった原因は、飲酒運転と思いますがそれが問われないザル法?この責任は誰なんだ!
2008年01月08日(火)  No.538 (疑問疑惑回避情報::▲不振な法律)

No. PASS
<< 2008年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81