++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
恐怖の独裁政権また牙を出し始めたのか?

そもそも、この人員数は、国民に郵政民営化をどうするかで集めた人数?それと「新テロ対策特別措置法案」まるで内容が違う
ある面、これでは、偽装政権では無いだろうか?
そしてこれら流れの政権により、格差社会を作った事態で、憲法違反はすでに行なわれている
この格差社会が、出来てしまったと見るか?計画的に作られたと見るか?
実は、良く検証してみると計画的に作られたのではないのか?格差社会が出来てしまう予防対策の政策はほとんど確認が出来ない
逆に、格差社会になる政策は積極的ではないのか?その格差社会の為に役に立つ問題は出来る限り引き伸ばし放置
まあこの法案、憲法9条を取り崩すアイテムや前例にはもってこいの法案ですよね!そしてこれら不振な情報や法案の役割効果の討論はあいまい
そして、政権が危うくなってもこれを進める理由はその政権に勝算が出来ているからだろうか?一体何のメリットがあるのだろうか
それらの不振な疑惑部分を考えてみたあくまでも推測では・・
赤坂議員宿舎で、あれだけ反感を受けても千代田区議員宿舎をさらに造ろうとする理由は何だろうか?何のメリットがあるのだろう
ここで関連を感じる領収書問題の拒み!
防衛省問題にしても、何故守屋氏をあれだけ急いで排除したのか>本来ならば現役のまま問題にして徹底的に追及した方が?国民は納得する確率が高い、それでは、困る理由があったのだろうと考えてしまう・・・そして
これら疑惑関係が、思い通りに進まない為に、「新テロ対策特別措置法案」はその代わりのアイテムだったのならば?誰だこれらを取り仕切る人物は?
この部分以外に、憲法改正の部分の疑惑
単純に、格差社会にする事で武力行使の人員を得る!このもっとも判りやすいサンプルは、アメリカの社会に・・そして、その国から格差社会の頂点の一握りの人間に手出し出来るように日本国内の法改正、これらの利害関係のアイテム出して米国とのやり取りを有利にした人物の存在の疑惑
格差を広げるその応用からお手本と同じような社会構成つくりをした人物がいるのだろう?
まさかと思うようなカラクリが知らないうちにされていたのだろう?これでは騙しか?国民に対してカードを切ったひどい人間が存在したのだろうな

すると?この後のシナリオは、どのような”まさか”が、あるのだろうか?


時事通信さん記事より
与党、衆院で3分の2行使し成立へ=参院は否決、民主対案を可決−新テロ法案
1月11日13時1分配信 時事通信


 福田政権が最重要と位置付ける新テロ対策特別措置法案が11日午後、衆院本会議で成立する。これに先立つ参院本会議では、野党の反対多数で否決。その後、与党は憲法59条の規定に基づき、衆院本会議で3分の2以上の賛成多数で再可決する。新法成立を受け、福田康夫首相は、国際的な「テロとの戦い」への参加に理解を求める談話を発表。政府は、昨年11月の旧法の期限切れに伴い中断していたインド洋での海上自衛隊の給油活動を2月中旬にも再開する。
 参院は同日午前の本会議で新テロ法案を採決。賛成106票、反対133票だった。民主党は討論で「政府・与党は給油活動再開より国民生活の改善を優先すべきだ」として反対した。一方、停戦合意後に民生部門に限って自衛隊派遣を認めるとした民主党の対案であるアフガニスタン復興支援特措法案は、10日の参院外交防衛委員会では与党や共産、社民両党の反対多数で否決されたが、11日午前の本会議では国民新党や無所属議員が賛成し2票差で可決された。民主党案について与党側は、衆院段階で廃案とはせず継続審議とする。
 新テロ法案は参院否決後、直ちに衆院へ返付された。与党は午後1時からの本会議で再議決を求める動機を提出。これに対し民主党は両院協議会の開催を要求したが、与党は応じなかった。憲法59条は、参院で否決された法案でも、衆院で出席議員の3分の2以上の賛成で再可決できると定めている。衆院の定数480の3分の2は320となる。自民、公明両党の議席は合わせて336で、同法案は再可決−成立する運びだ。


という記事でしたが
実は年金やあらゆる騒がれた問題点不正、それを何故積極的に対策や対応を進めないのか?それでは、何か進めると都合の悪い事でもあったのか?疑惑してしまう想像?その想像なら騒がれた事でおいしい部分は消滅していたとするならば・・・
今回のこの法案の執着に関しては、これらで失った部分をカバーする為や団体の継続に関わっているんじゃないかと想像するほど死活問題的な異常な感じを受けた
この違和感普通じゃないよね!これだけ強引にして勝算がある状態になっていたとしたら大変怖い感じがする
何かあるぞこれは・・・そんな気がする
こうなると
裁判員制度で、国民を強制的に呼び出して義務を与える。これは、法律に興味がある方の中からではない”これが最大のポイント”
誰でしたっけこれを言い出した人物は、今回の強引法案の関連するシナリオに実に都合よく
つまり、法律なんかに別に興味がなくてもいいのでは、その対象にした人物を検証して利用できるか資料を作る目的なのかもしれませんね「あくまでも想像ですが」
まあ、その内これらに利用されるリストの人物にされない為にはどうするべきなのか専用のページが出来るかもしれませんね
私なら、凶悪殺人犯がいたら、「私は法律の専門家では無いので裁けません!次の担当者が決まるまで、赤坂議員宿舎で、貴方の思う貴方なりの本当の意味で社会の為になる社会奉仕をしてください」として逃げるつもりだ!どうかな?専門家じゃないんだから別に関係ないでしょ
ご希望なら、社会保険庁や厚生労働省でもかまいませんなどとね!社会悪化や犯罪の原因になった組織にあえて奉仕させる
但し、
防衛省は駄目ですよ!第二の地雷弾、クラスター爆弾保有しているらしいので、もしこれを見つけ凶悪犯が、国内に発射したら、必ず出るといわれる大量の不発弾が、地雷のように残り、罪の無い方の手足が吹き飛ばされる「もぎ取られる」取り返しの付かない障害の残る!被害になりますからね!
http://web.active-wave.com/blog2/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2008&month=01&day=05&mynum=536

9条の前に他の憲法違反になるような法案を作り、9条取り壊しを狙っているんだろうね
でも、「戦う敵を間違えないで」という言葉は、重い重要な言葉ですよね
2008年01月11日(金)  No.542 (疑問疑惑回避情報::▲不振な採決決定)

No. PASS
<< 2008年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81