++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
あいまいの内に突き進む第二段劇場型偽装政治では・・

もう一度この道路特定財源のこの問題検証してみよう
使い道、これらのわからない財源の行方?第二東名など疑問の造りかけの平行二重道路
まるで、財源の利用の必要性を長引かせるような内容がある
これら特徴としてその財源の利用明細がはっきりしない事明かさない事
地方によっては道路が足りない、確かにあるだろう、しかしそれだけが地方行政の本音だろうか?
「はめられた地方行政の仕方なく突き進むしか無い行動に感じてしまう」
つまり、悪徳政治が地方交付税の大幅カットをして、財政危機!そして、「夕張の例などから検証すると箱物を積極的に作らせて赤字のその軌道修正も箱物の交付金のテーマがあるから修正できない”ロボット館だったけ”仕組まれた破綻要素の一つ?」
つまり運命のカウントダウン!スタンバイ地域が沢山あり、中央の政治行政の手のひらに載せられて操られている状態なのではないのか?「財政危機、財政支配」
破綻地域が沢山出てきた所で想像で来るシナリオは、あらゆる懸念される処分場やら反対されて出来ない物の有地場所だろうね
その検証の理由に、出来るだけ中央に予算的なものは集めてしっかり維持!その帳尻を合わせるために、無駄遣いや特別行政法人などの維持だろう。財政支配のカラクリの一つと考えられ、だから、騒がれても積極的に対策が進められないのではないだろうか?
それを考えるとつまり彼らも、このシナリオの先には役割が終われば、尻尾きりの可能性もありますね!
不思議と問題の根本が、あいまいのまま進む政治行政
与党
開かずの踏切などポイントの部分だけを抜き出して必要性を主張、根本の問題をあいまいに支持を決める!それに回る不思議な地方行政の行動?そこには何があるのか?
http://web.active-wave.com/blog2/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2008&month=02&day=07&mynum=549
野党
特定財源反対を打ち出して、何故か根本の対策を打ち出さない不思議な行動!なぜこのような体制になっているかその根本「財政危機、財政支配」のポイントを押さえ込む事で、一気に政策の逆転が図れるはずなのに何故?それをしないのか?それとも出来ない理由がこちらにもあるのか

このように考えると民主主義の制度自体もうすでに、ゆがみ!その役割が逆転してしまっているのではないだろうか?
これを考えるとこれら中枢にテロリストでもいるんじゃないのか?思い起こせば、そんな事を想像させる発言をした大臣いましたよね

この検証を考えると
第三のこれら勢力が必要になるよね!まったくしがらみ関連の無い組織、


崩れ去る安心
企業重視の政治になっているので骨格の産業は大丈夫なのか?
http://web.active-wave.com/blog2/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2008&month=02&day=09&mynum=552
企業本来の運営発展とはかなり違ってくる競争原理それは同時に、崩壊へのカウントダウンかも?
2008年02月17日(日)  No.559 (行政関係::▲国土交通省)

No. PASS
<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81