++Stop The オムニ社++

HOME | Blog Top
日雇い派遣に実態の情報!発見!

指を骨折してでも、さらに働かせる人材派遣会社・わずかな報酬なのにさらに、働く条件として、備品を購入させる「この部分、仕事をえさに購入させる悪徳商法の手口と同じ」人材派遣
訳の判らない名目で、全員から毎回数百円づつ徴収、それも返さない人材派遣
フォークリフトに引かれて足を切断した女性がいるという日雇い派遣では、一切の責任を負わないという誓約書を取るところもあった
この人材派遣制度の規制緩和をして、人それぞれと言っていた人物誰だっけ
まあ・・・このあたりから社会は、転がり落ちるように、ガタガタになったよね


Yahooさんオーマイニュースの記事より
間違えないでほしい、我々は働く人間だ!!
2月24日16時22分配信 オーマイニュース


 昨年9月の日曜日、短期派遣専門の人材派遣会社オープンループパートナーズがインターネットで募集している日雇い作業に応募して働いた。

 メールで応募すると、同社から電話連絡が入り、仕事内容の詳細等が告げられる。不採用の場合はメールでの回答だ。

 応募した仕事は東京都内での事務所移転作業。午前9時〜午後5時までで交通費込みの日当は8000円。同社は日当を翌日に指定した銀行に振り込むシステムを採用しており、実際の手取り額は振込手数料105円を差し引いた7895円だった。

◆集合は2時間前。でも拘束時間には含まれず…

 最寄り駅への集合時間は午前7時だ。オープンループパートナーズの担当者が集合場所となる改札口を間違えて、応募した10人前後の作業員に告げていたため、全員がそろったのは7時30分ごろだった。

 そこから現場までは徒歩で約15分。1日限りの引っ越し現場なので、行き方は誰も知らない。オープンループパートナーズに電話で住所と道のりを確認し、現場に着いたのは8時前。オープンループパートナーズと、派遣先となる運送業者の担当者どちらも不在のため、依頼主に作業現場であることを確認して、我々は待機した。

 以前、派遣業者のプレミアサービスで、1日だけ印刷工場での作業に従事した時も2時間前に集合させられた。その時は、案内役のプレミアサービスの社員が1時間40分遅れてきて、始業時間ぎりぎりに現場に入った経験がある。

 作業開始前からの長時間拘束は、毎日異なる作業者と一緒に働くことになるので、コミュニケーション不足による不手際が頻繁に発生することを前提とした結果の対応策であるとも受け取れる。

 だが、それは時間給で働く作業員の側が負担するのではなく、拘束時間として賃金が保障されるべきだろう。日雇い派遣現場の大半が作業開始約2時間前の集合を義務付けている現状は改善されるべきだ。

◆緊張感のある現場で、従順を求められる作業員


 オープンループパートナーズでの作業内容は、エレベーターのある4階建てビルから、隣接する階段しかない3階建てビルへの事務所移転作業だ。遅れてきたオープンループパートナーズの担当者は、遅れた理由を説明することもなく我々に作業着の入ったダンボールを渡し、適当に選んで着替えるよう指示した。

 場所は、私道に止められたオープンループパートナーズのワンボックス車の周辺である。青色のズボンとオレンジ色のTシャツに着替えながら、今まで路上で着替えた経験があったかな……と記憶をたどってみたが思いつかなかった。こんなところを知り合いに見られたくはないな、と思いながら急いで着替える。

 小雨が降っていた。力仕事なので晴天よりマシかなと思う。日当8000円の1日限りの仕事だ。こんなものだろう。深く考える必要はないのだ。

 作業中、20歳代の派遣作業員が会議用のテーブルをひとりで運んでいたら、室内を傷つける恐れがあるため、軽くても2人で運ぶようにと注意された。作業員が返事を怠ると、責任者である50歳代の運送業者が「返事は!!」と、野太い声ですごんだ。

 非は、返事をしなかった彼にある。しかし私は、運送業者の態度が彼に対する作業上の注意ではなく、それを超えたどう喝であると感じた。少なくとも私はそう受け取った。日雇い派遣であるわれわれは、常に緊張感を持つことを要求され、彼らに対して、もっと従順な態度で接しなければならないのだろう。そんなもんなのだ、日雇い派遣とは。

 派遣ユニオンが先日、実施した「グッドウィル失業ホットライン」に寄せられた相談事例の中に、「犬のように扱われていると感じる」という訴えがあった。確かにそう感じることがある。

 でも間違えないでほしい。われわれは働く人間である。あなた以上ではないかもしれないけれど。あなた以下ではない。


 派遣ユニオン(東京都新宿区西新宿4−16−13MKビル2F)が2月29日(金)昼12時〜3月1日(土)昼12時までの24時間態勢で、「日雇い派遣ホットライン」(電話:03−5371−8808)を設置する。派遣業者に登録して日々働く派遣社員を対象に、電話での相談を受け付ける。

(記者:辛島 武雄)


という記事でしたが
まったく労働環境改善されていないじゃないか?日本のベースや基礎となる人間を食い潰すようにして、日本に未来があるのだろうか
政治家や行政は本当にこれが正しいと思っているのだろうか?日本の破綻のカウントダウンではなく。日本滅亡のカウントダウンでもしているんじゃないか?
そして、大企業は、国を失い!他国で、難題を突きつけられ食い潰される。かつて、悪徳企業が中小企業にした仕打ちのように・・・・
そして、かつての日本の繁栄の歴史は、その歴史を閉じる

最近本当にこうなるんじゃないのかなと思う要素が沢山有る。今いい思いをしてやり繰りをしている人間達に、そこまで来ている危機感を感じているんだろうか?未来のビジョンが見えていないのではないのだろうか
もう、先の「未来の」道筋は食い潰した状態にして、後を次ぐ人間に渡す事になるのでは?
特に人材派遣会社の中には、未来の可能性をえさにして成長しているだけなのでは、その餌がなくなれば、飢えて暴走でもするんじゃないのだろうか
2008年02月25日(月)  No.570 (行政関係::▲厚生労働省)

No. PASS
<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81